佐藤康行から出た「新しい図」

20日に行われた、佐藤康行の「満月円満セミナー」
そこでは、その朝、佐藤康行から新しい図と新しい講話が出ました。

早速、佐藤康行の言葉をお送りしたいと思います。

 

「佐藤康行講話」

この問題が消えていくと、今度は雨になって落ちてくると思ってください。
ザーッと雨になって落ちてくる。
その雨になって落ちてくる時に、大気の汚れを全部落として落ちてきます。

その雨として降ってきたのが川に流れていく。
この川は、また海に流れていく。。

海は当然、魚やいろんな物を、命をはぐくみます。
陸は私たち人間はじめ、いろんな生物がいて、命をはぐくんでいる。

そして、それがまた水蒸気となって、また雲になるわけ。それで、また雨となって川となる。
そういうグルグル、グルグル、サイクルとして回っているわけです。

それをやっている、その仕業をやっているもとは太陽です

 

この川は上流から下流に流れている。この上流が汚れていると、このまんま下流にその汚れが行きます。
これがおじいちゃん、おばあちゃんで、これがあなたで、これが子供、孫だとしたら、またその流れが、汚れが下流に行くわけ。

 

私のやってるのは、ここです。
一番頂上です。
一番頂上から下界に向かっていく世界。

だから、今までの悟りを得るのと全く真反対なの。

 

でも、いいですか?
真我ですから、真の我だから。
これは、あなたも全部真我そのもの、真の我そのものだから、もう最初から真我なんです

 

最初から頂上があるわけ。
最初から、頂上から出発する。真我から出発する。

偽我、偽の我から真我を目指していくんじゃない。
真我から下界に向かって、偽我、偽の我に向かっていく。

=======

この話は、詳しい内容は、
明日のナスペック「最新音声」でお送りしています。

今日の音声も、太陽と雲の話をしています。
是非、じっくりとお聞き下さい

 

===========

今日のナスペックのご案内

最新講話ダイジェスト
「満月円満セミナー②」

目覚めの言葉
「満月を前提にするには、何をしたらいいのですか?」

世界が一変する真我の言魂
「全体を観たら全部にいる」

この下のバナーからお聞き下さい

 



ナスペックバナー
ナスペック電話