昨日は世界6ヵ所をつないで、佐藤康行との「海外スカイプセミナー」が開催されました。
このセミナーは、研究員としても大変興味あるセミナーです。

佐藤康行のスイッチの入り方がどうも違うのです。
毎回、日本で聞いているギャラリーの我々は、終わった後、立てなくなるのです。
「腰が立たなくなる」「我を失う」「意識がどこかに飛んでる」
そんな感覚なのです。

どうも、異次元に入り込んでしまったかのような感じです。
これは、たぶん、佐藤康行が地球の裏に届かせようという意識が、自動的に働いているからではないかと推測しています。
佐藤康行から出ている、エネルギーの何かだと思うのです。

 

毎回、スカイプセミナーでは、まだ見ぬ新たな佐藤康行を見ることが出来ます。
きっと、海外の皆さんが、佐藤康行からそうしたエネルギーをおびき出して下さっているのだと思っています。

皆さんからは、次から次へと質問が出ます。
佐藤康行はその質問に、瞬時に答えていきます。

画面から見る皆さんの表情は、真剣そのものです。
前のめりになり、熱心に聞いていらっしゃいます。

今回は、同時通訳も入り、英語での質問も頂きました。
いよいよ、言葉を超えたスカイプセミナーになってきています。

 

話は変わりますが、佐藤康行は、毎回、海外スカイプセミナーの時、セミナーが始まる前に、佐藤康行の後ろにある白版に、黄金の谷の図を描きます。
ちなみに、昨日は、黄金の谷の図と神成瞑想図を佐藤康行は描いていました。

そして、佐藤康行のテーブルの前に、「真我」1.2.3という三冊の本を必ず並べます。

海外の方は、この図の前に座る佐藤康行を見ながら質問をされます。
たぶん、その姿それだけで、すでに目に見えない変化をされているんではないかと推測する研究員です。

 

さて、明日はこのセミナーを通して、佐藤康行から新たに出てきた話をご紹介したいと思います。
それは、言葉が通じなくても、真我は開く話や、黄金の谷が渦巻きのようにグワーーーと巻き込んでいくという話など、、、。

皆さんなら涎が出てくるような話です。

明日もこの続きの話を楽しみにしていただけたら幸いです。
明日の朝、8時にお目にかかりましょう。

===========

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「946:魂の臨死体験」

私は地獄を見て苦しんだ
その時
心のドアが開いた
魂の臨死体験をした時
完全に全部開いたという瞬間があった

 

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー
ナスペック電話