佐藤康行「黄金の雨が降る」セミナーIN沖縄速報!

※この内容は、研究所が立ち上がる前の研究員個人ブログのアーカイブです

「こんなことって、あり得ない!!」
そう、叫びたいほどの神業でした。

その前に、お詫びを申し上げます。
昨夜、「黄金お雨が降るセミナー」速報をお届けすると、自分でお約束しながら、速報が今朝になってしまいました。
お詫びします(頭下げ)。

昨夜は、あまりの凄さに、真我の仲間と夜中まで、沖縄のオリオンビールと泡盛で、佐藤康行の「神業」を共有せずにはいられなかったのでした。
佐藤康行の話になると話が盛り上がり、次から次への話に時間のたつのも忘れてしまいました。

ホテルに帰ってきたら、日付変更線を超える時間だったため、昨夜は速報をお届けできませんでした。
ひらにひらにお許しください!

さて、話は、「黄金の雨が降るセミナー」に戻ります。

何があり得ないほどの出来事だったのか・・・・?
昨日は、未受講の方が20名以上、「黄金の雨の降るセミナー」を受講されました。

「黄金の雨が降るセミナー」は、佐藤自らが私たちの真我を覚醒させてくれ、そして、黄金の雨が降っていることを体感させてくれるセミナーです。
始まる前は、「20名以上の沖縄の未受講生の方・・・・。
今日はいったいどうなるのだろう!?」と、想像もつきませんでした。

ところが、結論から言いますと、全員、受講生の皆さんと同じように、真我を覚醒され、そして、「黄金の雨、どしゃ降り」を体験されて、喜びに溢れてたのです。

ご受講のきっけはいろいろ悩みがあったかも知れません。
しかし、講座の最後は。全員が手をつなぎ輪になって、沖縄の踊りを踊ったのでした。
黄金の雨がどしゃ降る中、私たちは、全員がひとつになって、愛と感謝で喜び一杯になりながら、踊ったのでした。

では、なぜ未受講の方がここまでになったのか・・・?
なぜ、佐藤康行はそれができるのか?
佐藤康行を研究している私びは、これほどの興味をそそるものはありません。

もう少し、セミナーの状況をお話します。

午前中の講話は、心の話でした。
佐藤康行は心のことを知り尽くしています。
ですから、佐藤の心の話は、全員が自分事になります。

「あっ!それって私だ・・・」
「そうそう、そういうことって、あるよな・・・」
思わず、心の中で相槌を打ちながら、聞いてしまいます。

全員が自分事になっています。
すでに、佐藤の講話で、全員の魂が揺れ動き、引き出されているのです。
そして、今から自分の心をどうするのかが、おぼろげながらわかってくるのです。

その本人納得の上、実際に自分の中にある「真我」という、素晴らしい自分を覚醒させていきます。

佐藤康行の手にかかると、未受講の方でも、あっという間に真我を覚醒されます。
その間、数秒の出来事です。

佐藤に言われた通り、シートに書くのですが、書いている間に既に涙を流されている方。
何を書いたらいいのかわからない、でも、とりあえず書いて、佐藤の前に持って来られる方。
数行しか書けず、おずおずと佐藤の前に座られる方。

しかし、佐藤の前に座ると、アッという間に「ワァーーーァーーー!」と大号泣です。
その間、数秒。
秒殺とはこのことです。

本人も、どこからこの涙が出てくるのか、自分に何が起こったのか。
理解不能状態の方もいらっしゃいます。
でも、大号泣なのです。

大号泣し、自分の中から、最高の自分が出てきた喜びと感謝で、黄金の雨が降っていることに気付き、人生の中で感じたことのない幸せを体感し、言葉で、そして体で表現せずにはいられなくなるのです。

そして、それがみんなで輪になって、沖縄の踊りを踊りに踊ったということになったのです。

さて、昨日は、佐藤から新しい図も出ました!

明日は、その図の話とか、さらに詳しくお話したいと思います。
ぜひ、ぜひ、楽しみにしてください!



ナスペックバナー
ナスペック電話