それが全部かぶせなんです。

ある方が、佐藤康行に質問をしました。

「知り合いの人が争ったり、それが原因なのか癌になったり子共が不登校になったりしています。
私は争うのではなく、お互いを満月前提にして「生かしあう」事が大切だと伝えて、何とかしたいと言う気持ちがあるのですが、、、、。」

 

その時、佐藤康行は間髪いれず
「そうね。それは全部かぶせなんですよ」と言った。

質問した人は、「うーーん」とうなってしまいました。

 

さて、このブログをお読みの皆さんは、いかがお感じになったでしょうか?
この質問者のように、何とか・・・!と言う気持ちになったことはないですか?

 

佐藤康行は続けてこのよう言いました

「こうしてやろう」ってのは、私はないんです。
私の場合よ。

「その人をどうかしてやろう」って、それがかぶせなんです。

私はどうかしてやろうなんて思わない。別に冷たいってわけじゃなくて。
ちゃんと、やるべきことは最善をやる。

後は本人の問題なのです。

 

聞けば「あっそうだなぁーー」と思うけれど、
でも、ついついやりがちな事です。

 

分かっているようで、わかっていない。
良かれと思って、ついついやっていることが良かれになっていない。

 

佐藤康行がやっている事
簡単なようで、なかなか出来ない。

やればやるほど、佐藤康行の凄さを実感する。

 

だから、今日もまた自分の最善を尽くそう!
そう思う研究員でした。



ナスペックバナー
ナスペック電話