誰もが陥りそうな、「満月前提」

一昨日と昨日の2日間に渡り、ナスペック「目覚めの言葉」の中に紹介されている、ある方と佐藤康行のやり取りをご紹介いたします。
これは、案外、陥りそうな間違った「満月前提」の一つだからです。

だからこそ、佐藤康行は「最も大事なとこです」と言っています。

そのやり取りをご覧ください

========

(Q)私は母を見てて、かわいそうと思ってしまいます。それは、三日月で見てるってことじゃないですか。
でも、それって愛しているからこそ、そう見てるんですよね。
愛の心だから、それは満月なんだと、自分ではそのように理解してたんですけど。
そういうこととは違うんですか。

 

(佐藤康行)
それは、お母さんを三日月を見ていることです。
「自分が思う満月」によって、三日月を覆い隠さないことです。

「自分が思う満月」で三日月を覆い隠さない。
その奥にある満月を見た時に、この三日月は消える。
いかがでしょうか。

 

(Q)私は母を「満月」ではなく、「自分の満月」でかぶせようとしてたということでしょうか

 

(佐藤康行)
そうね
でも、最も大事なとこです。

「自分が思う満月」で、相手の三日月を隠してしまうんじゃないんです。
三日月は三日月のまま見てればいいのです。

その奥にある満月だけを捉えていく。
そうしたら、この三日月は消えるんです

========

佐藤康行は「自分が思う満月」ではない、そう何度も言っています。
でも、本当に陥りがちなところです。

そして、今日の「目覚めの言葉」ある意味、その続きになるかと思います。
「私の考えを皆さんはとり違いをしている」
「やばいですよ」
そういういやり取りとなっています。
是非、ご覧になられることをおすすめいたします。

 

「たった一つのことしかやっていない」そういう佐藤康行。
なんとか、この一つを出来るようにしたい!
そう思っている研究員です。

ここは大事なところだと研究員も肝に銘じ、今日はシェアさせていただきました。

 

===========

 

本日のナスペックの読みどころ

目覚めの言葉
「満月と捉えるようになるには、どうしたらいいですか?」

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話