「みえる」世界 ~今年はどんな世界がみえるのか!~

佐藤康行が言います。
「最近、黄金の谷にザーー!と入ってきている人が出てきています」

 

佐藤康行が「たったひとつ」のことを
「満月と三日月」といったり
「黄金の谷の法則」といったり
「マジックミラー」といったり
「レンズと壁」といったり
「神鏡」といったり
「黄金のめがね」といったり、、、、。

過去、いろいろな表現で「たったひとつ」のことを伝えてくれました。

 

私たちの意識は表現が変わると、佐藤康行が「わかっちゃった」というたった一つのことが
角度が変わることで、新たな視点で、おぼろげながらみえてくることがあります。

そして、おぼろげながらでもみえた時に、思ってもみない現象が現れます。

佐藤康行の言う「事実実証」です。
佐藤康行は言います。「ほっらぁーーーー!」「やっぱり!やっぱり!・・・・・」

 

人類の歴史の中で、憧れに憧れてきたもの。
そして、誰もが到達できなかった事。

それを、意識的に私たちにも出来るようにとしてくれている「佐藤康行」
もう疑いようも無ければ、もう疑問もありません。

明らかなのです!

 

口から出した言葉は必ずそのようになる「佐藤康行」
「今年は凄い事になる!」とそういいました。

 

佐藤康行の旗の下についていった時、どんな世界が見えるのか・・・!!

今年はさらに踏み込みたいと思う研究員です。

今夜は八重洲研修室において「飛神覚醒会」が開催されます。
また進化した佐藤康行に会う事が出来ます。

===========

 

本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「798:「みえる」世界」

「絶対ぶれない世界」と
「無限に変化する世界」

そのふたつの世界を、本当に「みえる」世界にすること
そして、繰り返し繰り返し実証していくこと
すると「みえる」のだ

 

NASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話