佐藤康行の言魂「真我の実践を唱えよ」 ~佐藤康行の言魂は進化する~

佐藤康行から「真我の実践を唱えよ」という、新しい言魂が出ました。
すでに皆さん目にされたことと思います。

 

「真我の実践」という言葉が出たのは、今から10年近く前のことでした。

「真我の実践」という言葉が、佐藤康行の中から生まれたときの佐藤康行の様子を思い出します。
佐藤康行は「世紀の大発明だ!」と、かなり興奮して言っていました。

「真我の実践」という短い言葉の中には全てが含まれていること
「真我の実践」を唱えることで、真我を開くことさえ出来ると言っていました。

確かに、当時、研究員は「真我の実践」を唱えながら会話をしていたら、相手の方が次々と泣き崩れられたと言う経験をしています。

(過去のブログ記事)「真我の実践」という言葉の中に、宇宙の全てがある (←クリック)

 

そして、今、「真我の実践を唱えよ」という佐藤康行の言魂が出ました

 

今こそ「真我の実践」を唱える時!
そのように受け止めています。

今の佐藤康行から出てくる言葉
そのエネルギー

佐藤康行のエネルギーの進化と共に、「真我の実践」という言葉は進化している!
そう研究員には感じられています。

 

「真我の実践」という言葉はシンプルだが強烈な言魂です。

「迷わず真我の実践を唱えよ」と、そう、佐藤康行は言っています。

 

今こそ真我の実践を!
迷わず、真我の実践を今日も唱えてまいりたいと思っています。