佐藤康行が、受講生の方に「『美点発見』をされたらいかがですか」というとき、必ず、美点発見と褒めるの違いを説明します。
そのくらい、美点発見と褒めることとは全く違う事なのです。

ともすると、『美点発見』を褒める事だと勘違いをして、相手を褒めた結果、あまり喜ばれなかったということもあるのではないでしょうか。

今日は、佐藤康行が講話の中で、美点発見と褒めるの違いを説明している言葉をご紹介いたします。

==========

褒めるのと美点発見との違いを説明します。

褒めるってのは、自分のの範疇に入ってるから褒める。
でも美点は、自分の範疇とは関係ないんです。

相手の素晴らしさだけ1人でできるし、それを口に出しても出さなくても、効果があるのです。
でも、もちろん出したほうがいいですよ。

そうしたら、美点発見されたほうが自信がついてきて、本人の能力が出てくるということになるのです。

 

美点を発見するってのは、あなたの目を養ってるわけ。

相手の満月、相手の素晴らしさを発見することは1人でもできるしね。
そこが美点発見と褒めるのとの違い。

褒めるってのは、どうしても自分が上に立ってるわけ。
「あんた、立派だわね」って。

美点ってのは、相手の素晴らしさだけ。
これは1人でもできるし、どんな目上の人にもできる。

社員が社長に向かって「おお、よくやったな」って褒めたら、首になるでしょう?
でも、社長の美点発見はできるわけ、社員でも。
そこに尊敬が入ってるわけ。

 

これが意識の使い方なんです。
これでピッと意識を向けていっただけで、まさに「レンズと壁」の図の通りになるのです。

あなたを通して相手が変化する。
そして、相手が変わって周りが変わっていく。ブワーッと変わっていくわけ。
レンズの通りになってるわけ。

 

それには、ちゃんとここに、こうやって来るからです。
もしこれが来てなかったら、こんなふうになってないですよ。

ここにちゃんと、次に来ようと約束したからです。
そしたら、私からぶれるわけにいかなくなるわけ。

そしたら、ブワーッと起きるわけ、そういうことが。

でも、それは、あなたにとって、そしてあなたの大切に人にとっても、一番嬉しいことが起きているわけなのです。

===========
本日のナスペックの読みどころ

世界が一変する真我の言魂
「826:突き抜ける」

ある一点を突いただけで、ぱっと変わってくる
それは、もう目の前に来ている
全ての意識が変わる
何もしなくても……

続きはNASPCのバナーからご覧下さい



ナスペックバナー

ナスペック電話