佐藤康行に何かが起きるときは、必ずと言っていいような、不思議な自然現象が起きてきます。
昨日の関東では、そんな事を思わせてくれる、凄い雨と風でした。

 

さて、今、全国の有志の皆さんをつなぐ、ラインがあります。
そこでは「真我の実践」を唱えることや、「瞑想会」を自主的に開催されたり、100万人プロジェクトが立ちあがったりと、全国での皆さんの素晴らしい活動が共有されています。

誰かから命令されたのでもなく、計画的に組織活動をしたわけでも無く、自然発生的に始まった全国の動き。

以前、佐藤康行が「たけのこニョキニョキ作戦」と言っていたことがありましたが、まさに、たけのこがニョキニョキ出てくるように、皆さんの天に向かって力強く伸びるエネルギーの凄さに、圧倒される研究員です。

 

そんな中、昨日、広島から、統合失調症の息子さんが治ったという、驚愕するような体験談が発表されていました。

統合失調症の息子さんが、いきなり行方不明になっていたのを、お母さんが、ただただ、佐藤康行に焦点を合わせ「真我の実践」を唱え続けることで、見つかったばかりではなく、すっかり統合失調症が治り、就職までされたという、とてつもない体験談でした。

佐藤康行に焦点をあて「真我の実践」を唱え続けることの凄さ。
それを証明する、驚愕の体験談でした。

 

また、北海道からも、満月の法則を読んだだけの方から、「満月の法則を読んだら、血液が全部入れ替わったような気がして、人生も180度変わった。友の会に参加したい」という連絡が、いきなり入ったという体験談が紹介されていました。

「満月の法則」を出版していた頃、佐藤康行がこういっていました。
「今に、この本を読んだだけで、真我が開く人たちが現れてきます」

まさに、その通りになってきました。

 

今、全国では、驚くような出来事や、喜びの言葉が次々と佐藤康行の元に届いています。
凄いことです。

佐藤康行が何かをしたわけでありません。
しかし、全国の皆さんは、佐藤康行と碎啄同時の動きをされています。

これぞ、佐藤康行の本来の力!
佐藤康行の目に見えないエネルギーがなせる技です。

 

「まだまだまだまだ、こんなものはありません!」と、我らが佐藤康行の力強い声が聞こえてくるようです。
これからが本番。

いよいよ全国に、佐藤康行のエネルギーの嵐が吹きまくります。