ある方が、このように佐藤康行にたずねました。

「一生懸命カウンセリングをしました。すると、『あなたの話でよくわかったから、もう受講する必要が無い』といわれました・・・」
「『あなたの話のほうがよくわかる』このように言われたのですが、これだと真我開発に導けません。どうしたらいいのでしょうか?」

 

その時、佐藤康行はこのように答えました。

「それは、あなたはその気は無いかもしれませんが、真我開発を売っているのではなくあなたを売っているのです。

「だって、佐藤康行の真我ではなく、あなたの真我でいいとその方は言っているのです。
あなたのでいいというという事はあなたがあなたを売っているという事になりますよね」

 

続けて、佐藤康行はこのように言います。

「認められたいという気持ちは、悪いものではなりませんが、知らず知らずにわかったつもりになるという事は、一番気をつけなければならないことです」

「誰でも、認められると嬉しいものです」

 

「では、どうしたらいいのでしょうか?」
そう、問う人に、佐藤康行は言います。

「ドロボーの心のままサンタの真似をするのではない」

「心からサンタになる。
サンタを習慣化するまで、ドロボーの心が消えるまで、意識的にやるのです」

「サンタになりきったら、もうドロボーにはなれません」

 

研究員は、この佐藤康行の言葉を胸に刻みました。

佐藤康行のことは、どこまでいっても「わかる」という事はありません。
だからこそ、ただただ、ついていく。
佐藤康行の元についていくしかないと、研究員は思っています。

 

佐藤学長!
今日もありがとうございます!

今日も新たな気持ちで、ただただついていかせてください。