以前、ブログでも書きましたが、(「まぁ、びっくりした!!・・・・」)←クリック、私が昔やっていた宗教団体の教祖の長男が、毎日、ユーチューブでいろんなことを暴露しています。

その教団は「霊言」と称して、教祖が生きている人死んだ人関係なく、いろんな人の守護霊なるものを呼び出して、好き勝手話させて、それを本にして販売しています。

その「霊言」というもののやり方について、先日、暴露していました。

今日はその話をブログで書きたいと思います。

 

なんと!
ここまでお粗末な話だったとは・・・・!!!

 

その内容とは、教祖がやっている霊言とは、前日までに霊言をする相手のことを、秘書たちにパソコンなどで徹底的に調べさせて、その資料をじっくり読み込み覚えておいて、そして、あたかも本人かのようにエピソードを織り交ぜて話すのだそうです。

「霊言」というのは、教祖の作り話であり、それは教祖の妄想だという事です。

あまりにひどすぎる話だ。

 

ある時などは、ある元総理大臣について霊言中「わたしはまだ辞めない。がんばって仕事をやる」と霊言をやっている最中に、その当の元総理大臣はテレビで辞任を発表していたという事があったらしいのです。

霊言と当の本人がやっていることが全く食い違って、驚きあわてて秘書が、霊言中の教祖にメモでその事実を伝えたという事があったとか。

その元総理大臣の霊言はお蔵入りになったという話です。

 

このあまりの幼稚なお粗末さに、あきれるを通り越して、思わず吹き出してしまいました。

 

長男いわく「本当は教祖の考えとして本にすればいいのだけれど、、そうすると名誉毀損になりかねない内容だ。でも、霊言だといっている限りは名誉毀損にならない。言いたい放題が出来る」

こんな、まるで詐欺師のようなインチキに、多くの人が振りまわされ騙されている。

なぜだろう・・・?

 

人間は、真理は見えないけれど、本当はあるのだという事は無意識にわかっているのだろう。
その人間の心を悪用して、お金儲けをしているのだ。

こんなことが白日の下にさらされたのも、佐藤康行のエネルギーのちからだ!
そう研究員は思っています。

研究員は有難くて、そして、胸がスーーーとすくような気持ちになります。