佐藤康行が書いた図の中に、自分の思う満月と、それとはまったく別のものである、無限の満月があります。
この無限の満月は、見る事も捉える事も出来ないものです。

 

だから、佐藤康行は
「満月に見ようとすると・・・・」という質問には「見えないのです。」
「満月として捉えようとすると・・・・」という質問にも「捉える事は出来ないのです」と、先日のセミナーのときも間髪いれずに言っていました。

「見ることも、捉える事も出来ない。
五感では捉える事ができない。
だから、前提にする といっているのです」

まさに、「知る」「信じる」「みえる」世界とはまったく別の世界。
その世界が真我なる世界なのだ。

 

佐藤康行はいつも私たちの中にある、その真我そのものが私たちだと思っていてくれています。
そして、そのように接してくれます。

それは、どんな人に対しても同じなのです。
究極の平等の世界。

だから、心の底からわかってもらえる感がするのです。

 

よく「真我は全ての人の中にあるから、佐藤康行を教祖のように追っかけるのは違う」的なことを言う人もいます。

確かに真我はどんな人にも、ありとしあらゆるもの、すべてのものが真我なのです。
ですが、そこをやっていますと、必ず
自分の思う真我。
自分が捉える真我。
になってしまいます。

全くちがう、自分の五感の真我になってしまいます。

 

だからこそ、佐藤康行に焦点をあわせるしかない。
自分の無限なる真我に出会っていくためには、佐藤康行に焦点を合わせていくしかない。

焦点の当て方は、それぞれいろいろあるとしても、まずは焦点をあてる事から出発なのだ。
それしかない!!

先日のセミナーを受講して、さらにさらに、そのことの大切さを実感している研究員です。