昨日は、世界の6ヵ所をスカイプでつないだ「スカイプ講演会」が開催されました。

毎回書くのですが、この講演会は独特の雰囲気です。
佐藤康行のスイッチが全く違うチャンネルに変わるというか、あまりこちらでは味わった事のない雰囲気になります。

 

しいて言えば、佐藤康行のエネルギーが、遥かかなたの遠くにまで届いているという感じなのです。

地球の裏の隅々まで、グローバルに佐藤康行のエネルギーが届いている!
そんな感覚になります。
そして、地球はひとつなのだという実感もします。

 

いったい、佐藤康行とは!
いったいどうなっているのだろう!?

 

その内容も、とても感動的でした。
世界の皆さんと、佐藤康行のやり取りを聞いていると、感動で涙が出そうになります。

海外に住む皆さんの純粋な魂が、研究員の魂を揺リ動かしてくれます。

今、こうして、佐藤康行と会話をする皆さんは、やはり、佐藤康行とは深いご縁があるという事も良くわかります。

 

さて、今日はちょっとしたアクシデントがありました。
ブログに書く内容ではないので、内容は省略させていただきますが、その事で、改めて思い知らされたことがありました。

 

それは、佐藤康行の、この真我にかける「命がけ」の凄まじさです。

「私は自分の命より、この真我を伝えずに死ぬことのほうが辛かった」
13年前に病に倒れた時に、佐藤康行はそう思ったという話を聞いたことがおありかと思いますが、まさに、今日は、佐藤康行のその姿を見た気がしました。

 

佐藤康行の迫力
佐藤康行の情熱
それは、誰の魂も揺さぶります。

 

今回、初めてご参加だった、ニューヨークの外人のMさん。
通訳をはさんでの、佐藤康行への質問も、さまにそのことでした。

「サトウさんは、なぜそんなに情熱をずうーーと傾けられるのか?」
一時間ちょっとの時間の中でも、佐藤康行のエネルギーに驚いて、そんな質問をされていました。

 

命を懸けるということ
あらためて、そのことをもう一度、自分自身に問い返す良い機会になった今日でした。

===========
本日のナスペックの聴きどころ

最新講話ダイジェスト
「20150117:宇宙と命のシステム①」

今から3年前に開催された、IGA主催のセミナーの内容です。
NASPCのバナーからお聞き下さい





【緊急動画】



【毎日8時更新中!本日の公式YouTube】