「死の向こうに橋を架けたら生に導かれた」ブログのしずかさんへ

毎日「死の向こうに橋を架けられたら生に導かれた」ブログをお書きの、ニックネーム「しずかさん」。
研究員は、毎日「しずかさん」のブログのファンで、毎日、ブログを楽しみに読ませてもらっています。

 

昨日は、佐藤康行の黄金の谷質問会、ユーチューブの質問会、神通力研究会が開催されました。
その時、ブログ「ポンさん」が何度も何度もしずかさんから送られてくるラインを見ながら、佐藤康行へ質問をされてましたよ。
「ポンさん」は、「しずかさん」のために、一生懸命でしたよ。

きっと、他にも多くの真我の友が、しずかさんが一目でも会いたいと思っていらっしゃる佐藤康行の言葉や佐藤康行が様子などをお伝えしてくださっているのでしょうね。

そしてきっと、そんな真我の友の存在に、しずかさんはたくさん励まされているのでしょうね。

 

昨日、佐藤康行は、しずかさんの事について、こういってました。
「私も『死の向こうに橋を架けられたら生に導かれた』しずかさんのブログ読んでますよ!」

「私のもとに来て、余命宣告を受けた人でも、癌が治った人には共通点があるのです。
それは、24時間ずーーと、私のCDを聞いたり、私の本を読んだりとか、24時間真我漬になっていることです。

「私のもとに来て、癌が治っている人の体験談などを読むのも良いですね」

 

昨日の神通力研究会にも、佐藤康行のお陰で癌が治ったという人が、佐藤康行にお礼を言っていらっしゃいましたよ。
その他にも癌が治ったという人も、何人か参加されていましたよ。

 

「しずかさん」は、以前のブログに
「佐藤学長に会いたい。動ける様になったら、東京へ行って、一番に佐藤学長に会たいとおっしゃていましたね。
「佐藤学長が自分のブログを読んでくださっているなんて!驚きました。嬉しい!」とそう、ブログでおっしゃていましたね。

佐藤学長は、しずかさんが元気になられて東京へ来られたら、きっと誰よりも誰よりも喜んでくださいますよ!
佐藤学長は、しずかさんのブログを読みながら、しずかさんが誰にも言えないかもしれない心の奥の奥まで、全部全部、分かって下さっていますよ!

そして、佐藤康行はCDとなり、ワークとなり、書籍となって、いついかなる時もしずかさんの側にいますよ。
24時間、365日。
佐藤康行はしずかさんの側にいますよ。

 

しずかさん。
長い長い手紙になってしまいました。

いずれ近いうちに、東京へいらしたら、是非ご一緒にお茶しましょうね。
東京で研究員もお待ちしています!



ナスペックバナー
ナスペック電話